前へ
次へ

不動産系資格である司法書士の資格試験は予備校を活用

司法書士は不動産系資格の中ではもっとも難易度の高い試験です。
この資格試験は競争試験となっていますので、他の受験者との戦いになります。
この資格試験の勉強方法ですが、独学では受かるのは相当難しいことから予備校を活用するのが良いです。
実際に多くの受験者は、予備校を活用しています。
難易度が高い資格試験であればあるほど独学では太刀魚できなくなります。
そこで短期間で合格したいのであれば、予備校に通うことをおすすめします。
予備校に通うには費用がかかりますが、何年も独学を続けて受からないよりも予備校を活用して1年でも早く合格した方が人生の展望は明るいです。
また、司法書士の資格試験を受験する前に受験科目が被る他の行政書士や宅建士の資格試験を先に取得するのもおすすめです。
これらの資格試験は司法書士試験の科目と被る科目もありますので、徐々にステップアップしていきます。
行政書士や宅建士などは司法書士試験の難易度よりかは下がりますので、力を付ける意味でも先に行政書士や宅建士を取得してから司法書士の資格試験に挑戦するというのも良いです。

Page Top